児相と話し最後に懇願してしまいました。

スポンサーリンク
Pocket

昨日、朝の9時半頃から息子の事が気になって、こっちから児相に電話しようか

な…と思っていたら10時20分に児相から電話が来てちょっとホッとしながら

電話に出ました。物静かな男性の声でした。○○児童相談所の○○ですと名乗り

Yさんですか?K君の事でお話があるのですが、お時間大丈夫ですかと。

いきなり「今どうしていらっしゃいますか?」という前置きがあり、あの人から

聞いてるくせにと思いながら「家出ましたよ。10月に。」「いつですか。」

「10月24日です。」「息子は家に帰ったんですか?」知ってるくせに私も。(笑)

「いえ、そのことでお母さんに連絡していたんですが繋がら…。」「主人から聞

いてる筈でしょ。24日に家出たって。」「はいでも電話かけてたんですがお母さ

んとお話しできなかったので。」「それは今話してるんだからいいでしょ。」

「ところでお母さん、今どこに住んでいるか住所を教えてもらえますか?」

それ聞くための前振りね。回りくどい。「はぁ。なんで一度も会ったことのない

あなたに教えなきゃならないんですか?教えられるわけないでしょ。」

「いや、K君が自宅に戻ってから安全に暮らせるようにというのもありまし

て…。」はあ!どういう意味よそれ。連れ去るとでも思ってるのかよ。犯罪者扱

いだよ。もういい加減にしてよ。「こちらは、10月の4日か5日に主人に児相か

ら私がいる限り家には返せないと言われたので、息子の為に一か月かからないで

家を出たんですよ。」「はい。実はK君が運動会とか誕生日とか、何かあった

時(行事ごとだと思います。)はお母さんに会いたいと言っているのでその為に

もお母さんがどこに住んでいるか知っておいた方がいいと思いまして。」情に訴

えて来たな。あれだけ役所仕事見せられて全然響いてこないわ。息子の言葉を口

実に使うな危険人物の居場所確認だろ。「あなたに教えるつもりはありません」

「そうですか、ではそこは本人同士で連絡を取るということで。」「息子に

スマホを持たせるというので、こちらからはあまり連絡しないつもりですが、

息子が何かあったら連絡してくると思うし助けたいと思っています。」

スポンサーリンク

「そういえば、私が息子が会いたいと言って来る時しか会うつもりはないと主人

に言ったことを主人が話したらほんとなのかねーって言ったそうですね。失礼

じゃないですか。」これ言っておきたかったこと。一瞬間があって「ほんとなの

かねーという言い方はしていないと思うんですが…。」「うちの主人はお金には

だらしないけどそんな嘘言う人じゃないですよ。」「いえそういうわけではない

んですが…。」その後なんか言っていましたが忘れました。「これは最初から

主人に言っていますが、私のせいでこんなことになってるんだから養育権も親権

も更々求める気はない。私といるのが怖いって言っていたということが未だに頭

から離れません。そんな思いをさせていたのかと。そんな子に面会権だとか

言って、月に一回ですか?知らないけど。会うつもりもありません。」 すると

こんなことを聞いてきました。「お母さん家を出たということですがこれからど

うするおつもりですか。」「ちゃんと部屋探して住んでるんですから仕事探し

てここに住みますよ。」「そうですか。では、K君家に戻れるように会議をした

いと思います。」「いつ出れますか?」「いつとは言えません。」「今までもこ

ういうこと経験してるんだからどれくらいかわかるでしょ。」「これから資料も

作らないといけないので。」「資料はすぐできるでしょ。それでいつ息子出して

くれますか。」「会議などもしないといけないので。」「会議はいつするんです

か。それ終わったらすぐ出してくれるんでしょ。」「管理職がいる時でないと会

議も出来ないので。でも一ヶ月とか何週間とかはかかりません。」「そりゃそう

でしょ。頼みますよ。もうとにかく一日も早く家に帰してあげたいんです。主人

も参ってますよ。だから10月の4、5日に言われて、一ヶ月かからないで引っ越し

たんですよ。持病もあるのに。不動産にも無理言って。解ります?普通引っ越し

するのに遅くても一ヶ月くらい前から引っ越し屋の準備とかしますよ。」「はい

解ります。決まった時は連絡いたします。」ちょっと安心した。「とにかく一日

も早くお願いします連絡くれるんですね。」「はい。」「解りました。」それで

話は終わりました。息子の様子も聞いたのですが長くなったのでそれは明日にで

もアップ出来たらなと思っています。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする