夫がまさかの部屋に入ってきて隠していた引っ越し用品を見られた。

スポンサーリンク
Pocket

数日前、主人が息子と自分のスマホを買って来ていました。その翌日の夜に

あの人がそれをいじっていたのでスマホを息子が持つようになれば、私のスマホ

で、勝手に義理妹とLINEしたり、帰省の時も時期が同じだと、今どことかLINE

魔?の妹からちょくちょくLINEが入るので、息子に対応させたら、私は元々

そんなにLINEする人ではないので見て覚えたわけじゃないと思うのですが初め

てメールもしたことないのに使わせたら何も教えなくてもスムーズにLINE送っ

ていました。私より誤字脱字が少ないかもっていうくらいで感心しました。それ

が凄く楽しかったみたいである日、朝起きると私のスマホを勝手に使って義理妹

にLINEしていたときがあったくらいです。なので、スマホを持ってくれたら、

私に結構LINEをくれるんじゃないかなと思って、後心配な時などに主人を通さ

なくても連絡できるのが嬉しくて。早速息子のLINEを聞いて、その後あの人が

何も言ってこなかったからこっちはそんな用事ないからいいならいいけどと思い

つつ、やはり息子の事を考えると何でも仕方ない。失敗して見なきゃわからない

と言っている主人に不安があってなるべく私がやってきたように、習い事の振替

や歯医者に定期的に歯のチェックなどに通わせてほしいので「あなたのも教え

て。」となんでこっちから言うんだよと思いつつ聞きました。息子のLINEのこ

とで久しぶりに息子の事で嬉しくなってその日はおしゃべりになり、あの人に

今までの本心を言いました。「あえて言わなかったけどさ。本を読んでいればK

を思い出してページが進まなくて、好きなTV見ていてもなんか集中できなくて

パソコンでニュースや他の人のブログ読んでいてもやっぱり集中できなくて…

最近は少し良くなったけど、それでも、買い物に行けばお葬式で戻ってきたとき

施設でキウイが出て食べたらおいしかったって言ってたの思い出して毎回キウイ

買いたくなるし。お菓子を見ても思い出すし。昨日カラオケ行った後に飲みに行

った数十メートルの距離で、この歯医者、通ったことあるよな。その側の耳鼻科

以前は別の所だったけど、混むしこちらは駅前だから近くてこっちに通わせるよ

スポンサーリンク

うになったんだよなって思ったよ。結局毎日何度もKの事思い出してる。という

か忘れてなくて考えてばかりいる。あなたも言わなかったけどそうだった?」

「まあね。言わなかったけどそうだったんじゃない。だから早く帰ってきて欲し

いの。」そんな本音を冷静に話したり、こんなに話したのは珍しかったです。

「私がやってきたようになるべくやってよ。Kに皺寄せ行くのが嫌なんだから」

「それは無理じゃない。いいんだよ。あんた知らないでしょ。Kはうちでゲーム

やってるのが一番好きなの。」それ言っちゃ身も蓋もなくないか、プログラミン

グにはほぼあの人は来たこと無いんだから得意のわかったようなこと言ってるわ

凄く考えていつも笑いながら先生やお友達に話しかけて最後までやっている姿見

てるからこっちは。最後の方しか二ヶ月くらい経ってからかな?は見れないよう

になっているけど。「じゃあ私は細かいことは心配しなくてもいいんですね。」

と言うとあの人なんて言ったと思います?「そうだね。分からない事あったら

教えて。」「あんたもよくさらっと当たり前のように言えるね。」「うん、そう

ですよ。」とにやけていました。ホント幸せな人だわ。最近は、というか今まで

もですが会話なんか殆どない日々でしたから、その夜はそんな雰囲気だったから

か、あの人がまさかの私の部屋に入ってきました。部屋のドアの前で話しかけら

れることはありますが私に興味が無い人ですからまずそんなことはありません。

どうやら愛猫のくろを探していたようです。それにしても今日の機嫌だったら

入っても大丈夫だとでも思ったのでしょうね。こちらはパソコンに集中していた

ので、最初気付きませんでしたが部屋の奥に居たので、ここで何やってるの?

とちょっとビックリしました。部屋の奥の隅っこに先日から百均などで買った

日用品がたくさんあって隠していたのですが「何隠してるんだか。」とニヤニヤ

して言ってきました。隠しておいた意味ないじゃん。入らないでよと思いつつ無

視しました。因みにくろは入口の側で寝ていました。するとあの人「くろここに

いたのか~。」と嬉しそうに言っていました。あの人息子がいないからくろに優

しくなった気がします。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする