義父の死で帰省したのに、妹弟達の前で大ゲンカ。

スポンサーリンク
Pocket

昨日のブログで書ききれなかったので、今日は昨日言った

帰省してすぐ大ゲンカになった話をアップしたいと思います。

日曜日、やっと息子も連れて帰れることになりました。

東京の家から電車と新幹線とレンタカーで義実家に到着しました。

その少し前に、レンタカーに乗っているときたまたま児相の

話になりました。あっ何でか思い出しました。妹さんにLine

したら、何度か今どことか返事が来ていて、突然「3人で」

というLine が届いたのです。その時、まさか児相の件の話したの

と思い主人に車の中で「N子さん(下の妹)が3人でって言って

きたけどKの話したの?」と聞くと「うん。全部したした。」と。

「何で。」「だってそれ言わないと遅れてる理由言えないもん。」

もうすぐ義実家に着くところで初めてそれを知りました。

妹さん達とその旦那にこれから会うのかと思ったら

急に複雑な気持ちになりました。そりゃそうですよ。

そうは言っても、義実家にはすぐ着いてしまいました。

着いたらその日の2時頃に何か執り行われたそうで

いつもお世話になっている、裏のお婆ちゃんと近所の親戚のお婆ちゃん

と上の妹さん、何時もの仲良しの下の妹さんとその旦那さん。

そしてもちろんお義母さんもいて、執り行いが終わってから

何か食べながら色々お話ししている所だったそうです。

まず上の妹さんに「ご無沙汰しています。」と挨拶し

次に裏のお婆ちゃんと親戚のお婆ちゃんに、「いつもお世話になっています。」

と挨拶しました。そして、N子さんにお義母さんの様子を

聞きました。すると見た目は先月会ったときと変わらなかったので

ホッとしていたら「やっぱり今日色々あってお客さん来てたから疲れてる。

もうすぐ話終わったらすぐ寝せる。」と。

そしてお客さんが帰り、お義母さんが先に寝かせてもらうね

スポンサーリンク

と言って寝室に行きました。それからなぜか居間に二人きりに

なりました。なのでついみんなに児相の件をばらされたことで

イライラしてたので、その話になり「児相は君とK との間を

心配しているんだよ。だから君にここに少し残ってもらった方が

いいんだよ。」「それは構わないよ。」「親もいろんな人がいて

嘘ついて子供を取り返そうとしたりする人もいるし。」

とまた余計なことを言うから、こっちもばれてるなら児相の

話をしてもいいなと思い「私はそんな卑怯な人間じゃない。」

と言うと「君の事じゃないよ。そういう人もいるって言う話。」

途中で、N子さんが「かっちゃ寝てるから」と言ってきました。

少し押さえたつもりが収まらず「私は人の生き死にを利用して嘘なんか

つかない。そんな人間じゃない。」と言い合っているとまた

N子さんが「ケンカしないで。」と言ってきたのでつい

「喧嘩じゃありません。」と言ってしまいました。

「どうして大人になれないんだろうな。」と言う、旦那の声が聞こえました。

すると旦那が来て大きい声で「そろそろ止めにしませんか。!」

と言って来ました。上の妹も「亡くなった人が聞いてるよ。」と

静かに言って来ました。その後、また旦那が自分の考えを語りだして

納得してる振りをするのに疲れました。

いいこと言ってるけど、それが出来てたら苦労しないんだよ。

上の妹も「自分の考えを人に押し付けちゃだめなの。

人と比べる必要もないし。」とN子さんの旦那と同じこと

言ってるし。自分は、昔まだ旦那が生きていたときはイライラ

していて子供にあたったりしてたくせに。

近日中に今までほぼブログに登場していないこの上の妹の

話を書いてみようかな。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする