児相が息子を保護しました。

スポンサーリンク
Pocket

一昨日の木曜日、15時42分に珍しく主人から私のスマホに電話が来て、まだ仕事

の時間の筈だし何だろうと思いながら、嫌々電話に出ました。すると「児相から

今電話あってKを学校に行って児相で保護したって。先週の件でそうなったんだ

と思う。俺仕事終わってから行ってくるから。だから今日のサッカー行けないか

ら電話しといて。」と言われその場は電話を切りました。児相はいつも主人の携

帯にしか連絡してこないので、急に保護されたのももちろんですが学校に行って

保護したりするんだとそのことにもショックを受けた私は自分から児相に電話し

ました。息子の名前を告げて「担当の人いますか?」と言うと男性の方に電話が

繋がりました。こちらが「Kの母です。」と言うと。その男性が「○○です。」

と名前を名乗りました。「主人から電話があって息子が学校から児相に保護され

たと聞いたんですが。どうしてですか?」「はい。私ではないのですが学校に迎

えに行って保護しました。詳細は私が担当ではないので詳しくお話しできないの

ですが、先週の事だけでの判断ではありません。今までの総合的なことで児相と

して決めました。」「息子は今どうしていますか。嫌がりませんでしたか。」

「専門の人がついてくれて落ち着いているようです。詳しくは分かりませんが、

担当の者と5分くらい話したら本人も家に居ても不安だったしいいかという感じ

で納得してくれたようです。」「学校には通えるんですか?」「いいえ無理で

す。」「どうしてですか?」「基本的にこちらの方で学校の授業に準ずることを

行いますので。」学校にだけは通わせてあげたいと粘ったのですが「まず、距離

的な問題でも無理ですし、学校に保護者の方が奪いに来たりする事例もある物で

すから。」「今日、今から話し合いに行ったら返してもらえるんですか?」

「それは無理です。」「じゃあ明日は?」「明日も無理です。いつお返しできる

というのは今の段階では申し上げられないです。」「着替えは持って行った方が

いいですか。」「それは無理ですこちらにある物を着てもらいます」「えっ?下

着とかも全部ですか?」「はい。」「うちの子毎日ゲームをずっとやっているん

ですがそれも駄目ですか?」「はい基本的に何も持ち込めません。こちらには、

ゲーム機のようなものはございません。でも他に遊ぶものはあります。」

「じゃあ本とかも駄目ですよね。」「はい。ただお子さんの様子を見て、こちら

からこのようなものを持ってきてもらえませんかとお願いする場合はあります」

今日返してもらえないんだったら行くのやめようと思ったのですが「今まで、お

母さんと一度もお話が出来なかったのもあり今回このような判断をしました。」

と最初に言われたので「えー。こっちはいつでも話ししたよ。連絡くれれば!」

と思い行こうと思っていたら電話の途中で、主人からスマホの方に電話が来て

「君も行く?」と言われ「うん。今丁度児相に電話して上司らしき男性と話して

いた。じゃあ○○で待ち合わせで。」と電話を切って、児相にも「今から主人と

伺います。」と言って電話を切りました。

スポンサーリンク

話は前後しますが、主人が言った先週の件とは、先週の木曜日にサッカー終わっ

てラーメンを食べて帰ってきた主人とケンカになり、今まで「何かあったらすぐ

電話して下さい。すぐ行きますから。ああなったら捕まえるしかありませんから

。」と警察に言われていた主人が、調子に乗って「よーし。警察に電話してや

る。お前捕まるからな。準備しとけよ。」「捕まるのは全然かまわないけど今ご

飯食べてるから終わってからにして。」と言ったのに「大丈夫だ。そんなすぐ来

れないから。」と言って警察に電話しだしました。なので「何がすぐ来れない

さ。何度も警察の人に大丈夫ですか?なんかあったらすぐ電話して下さい。すぐ

行きますからって言われたとか脅しのように言ってたくせに!」と言った後慌て

てご飯を食べて、着替えて荷物も準備して準備万端にして待っていました。でも

警察と話をしても話が終わったみたいに電話を切って、少ししてからまた電話が

来てを数回繰り返していました。結局主人が偉そうに「今日の事では捕まえられ

ないそうだから今から話し聞きに来るから警察と話しろ。」と。偉そうに馬鹿が

と思いました。それで二名の警察官とお話をしましたが二人ともちゃんと最初に

名前を名乗り、丁寧な対応をしてくださいました。二人の話がかみ合っていなか

ったり主人にも話を色々聞いていたのですが、私と警官の三人で話をしていると

ころに何か言ってきたりした様子を見て「最初は、三人で仲良くやった方がって

言ったけど、聞いてたら全然話かみ合ってないしごめんね。」と言ってから

「別れた方がいいかもね。」と言われ「私も別れたいけど仕事もしてないし、

持病もいくつかあるし、家も借りられないんです。」と話すと「市役所に一度そ

ういうの相談するといいよ。」と小声で話し込んでいたら、内容が聞こえたのか

聞こえてないのかわかりませんが主人が「もう(話し)止めた方がいいよ。」

と隣室から言って来たので「ちょっと待って今警察と話してるから。」と言うと

「どうせ。止まらなくなるでしょ。」とまた大きい声で言って来たので警察の方

が「ご主人今話してますから黙っててください。」と言われていました。もう一

人の方も「(やむを得ない時は)生活保護もありますよ。」と優しくアドバイス

してくれました。「今日はどうします?奥さんが一人でどこかホテルなどに泊ま

った方がいいと思うんですが。」と言われたので「嫌ですよこの時間に。お金か

かるし。」と言ったら「旦那さんからお金貰ってきて…。」とか言ってたけど

今日は暴力振るわれたわけでないし、もう二回もそれで痛い出費しているので

嫌だったんです。結局「奥さんももう寝てくださいね。」と言って帰って行きま

した。児相に出向いて話した内容は、明日にでもアップしたいと思います。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする