息子の問題行動のその後。作品を完成できなくてカウンセラーも急遽中止に

スポンサーリンク
Pocket

8日の金曜日に、図工の授業がありました。先週の図工の授業で挨拶の時立って

いたことで息子と話し合って、8日は挨拶の時は座る。挨拶が終わったら先生に

立っていいか聞く。と言う私の提案を納得してくれました。

その日息子が帰ってきて、「今日はカウンセラー中休みに忘れず行った?」

と聞くと「カウンセラーなかった。」と言い出したので「どうして?」

と聞くと「図工の作品が間に合わなくて中休みにやっていた。」と言いました。

「それで、作品は完成したの?」と聞くと「うううん。」と言いました。

完成できなかったようです。本人はあまり気にしている様子はなかったです。

私もそれを聞いて完成しなかったことは仕方がないと思いました。

本人がしたことで未完成になったんだからそれで反省してくれるといいなと思い

ました。担任の先生が先日来週図工最後だから完成するといいんですけどと

心配なさってくれていたのでそれは気になっています。

スポンサーリンク

お会いしたことはありませんが、図工の先生もきっと完成させてあげたかっただ

ろうと思います。

「図工の時、挨拶の時は座っていたの?」と聞くと「うん。」と。

「挨拶終わってから先生に立っていいか聞いた?」と聞くと

ちょっと面倒くさそうに。「うん。だって前もそうしたもん。」

「先生はなんて言った?」「良いていった。前もそうだったもん。」

とまた言いました。またこだわっているのかな。

「授業に影響はなかった?」「うん。みんな作業中は立ってるもん。」

ということで、次回からは毎回挨拶の時は座ってくれると思うのですが…。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする