主人が息子に本気で怒っていました

スポンサーリンク
Pocket

25日から息子の学校では読書週間が始まりました。

親子読書というのがあって親と一緒に読んでもいいし

交代で読んでもいいし

もちろん子供が読んでいるのを聞いてもいいし。

スポンサーリンク

初日の25日、息子が朗読しようとしたら

読書にふさわしくない内容の時刻表みたいな内容の

本だったので主人が「それはダメ、違う本にして。」

と言いました。

すると息子は本を読むのを嫌がって「出来ない。出来ない。」

と言い出しました。

そればっかり言うので主人が

「できないならもういいパパもう聞かないから。

学校も行かなくていいい。」

と怒り出しました。

翌日息子に

「○○(息子)はすぐやりたくないとやる前からできないっていうから

パパは怒ったんだよ。」と

説明していました。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする