【かかった費用公開】券売機に一万円入れてお釣りをとり忘れてどうなった?高尾山に行ってきました。混雑状況も

スポンサーリンク
Pocket

昨日は息子のリクエストで高尾山に行ってきました。

11時半くらいに高尾山の麓に着きました。

私はケーブルカーで主人と息子はリフトに乗りました。

ケーブルカーは待ち時間もなく数人立っているお客さんがいる程度でした。

山頂に着いたのは1時少し前だったので

お店は混んでいました。

少し休んで下山する際

主人が子供がずっと喋っているのがうるさいと

注意してもなおらないので怒り出してしまいました。

息子は泣いていました。

気をとり直して下山するのにゲーブルカーの券を

券売機で一万円入れて買いました。

帰りのケーブルカーは折り返し運転て混んでいました。

麓のお蕎麦屋さんで食事を済ませて

支払いをしようとしたら千円しかお金が財布に入っていません!

スポンサーリンク

そこでケーブルカーで降りてくるとき券売機で一万円入れて

買ったのを思い出しました。

お釣りをとり忘れたんです。

諦め半分で麓の券売所のお姉さんにその話をすると。

「それだと8800残っていないといけないんですが

次の人が知らすに買ってしまったようで

7360円が残っていました。

その分しかお返しできませんがよろしいですか。」

と言われほっとしました。

全額ではないけど戻ってきて良かったです。

かかった費用はPASMOにチャージ3000円

リフトとケーブルカー1200×2=2400円

ソフトクリームとアイス 710円

券売機の戻り金の誤差 1170円

お蕎麦屋さん 3530円

合計 10810円

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする