保険の外交員をしていた頃先輩の顧客が先輩の自宅で突然死

スポンサーリンク
Pocket

私は20歳くらいの頃保険の外交員をしていました。

一年半位勤めたと思います。

自分なりに頑張りました。

その頃年は私の母親位の年齢の先輩女性ととても親しくしていました。

その先輩が先にやめたのですがその後別の先輩から

ショッキングな話を聞きました。

その先にやめた先輩が保険に入れた男性が保険に入った直後

突然亡くなってしまったのです。

亡くなった場所はその先輩の自宅でした。

彼氏ではないのですが短期間一緒に住まわせてあげていたそうです。

スポンサーリンク

そのことでその男性が保険に入るときに

告知義務違反などあったんじゃないかと

上層部はかなり揉めた末に保険金は支払われました。

その男性は親とも親交があまりなかったらしいのですが

受取人は身内しかだめなので親にしていました。

その先輩はその親に200万円もらってこれ以上は請求しないと

念書のようなものを書かされたそうです。

「私が入れたのにたった200万だよ。」と私に言うのです。

その先輩は昔はお店をやっていてそれが潰れて借金を抱えている人でした。

親しくしていた先輩ですが仕事で保険に入れたんだから

それはおかしいと思いました。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする