痛恨のミス。夫に呆れられました


我が家には猫が三匹いて、そのうちの一匹が糖尿病です。

一日二回朝と夜にインスリン注射をします。

もちろん自分ではできないので朝は私で夜は主人が注射しています。

主人は間違えて自分の指に注射の針を刺してしまったことがあります。

ドジだな~なんて思っていましたが先日人の事言えないようなミスをしてしまいました。

糖尿病の子のちびともう一匹のぴーがアメショっぽいミックスで見た目が似ているんです。

普段は間違えるほど似てはいないのですがたまにすごく似ている時があるんです。

奥がちびで手前がぴーです。

似ていませんか?

いつか間違えて注射してしまうのではないかと心配していましたが、

先日寝ぼけていたのかヒーターの前でじっとしていたちびを直前まで見ていたのに

テーブルの下にいたぴーに注射してしまいました。

注射した直後に気づきましたが、もう手遅れです。

その後ぴーは何ともなかったのでよかったですが気をつけなければいけないなと思いました。

主人に話したら何で間違うのとあきれられました。

ランキングに参加しています。応援のぽちっとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする