保険のセールスレディーをしていた頃。退職の日にちを操作されお給料が半分以下に

スポンサーリンク
Pocket

以前、東京に来るまでは順調に貯金していたという話しを書きましたが

仕事も決めてきたわけではなかった私は

まず東京に来て職安に行きました。

するとその職安の前で声をかけられました。

上品で優しそうな雰囲気の漂うキャリアウーマン風の女性ともう一人いました。

その上品な女性と話してみると素敵な方で第一生命で保険の仕事をすることになりました。

まさか自分が営業の仕事をするとは思っても見ませんでした。

でも仕事がすぐ決まって良かったなとは思いました。

セールスレディーのお仕事は担当の企業をほぼ毎日昼間に訪問して

人間関係を作ってから保険の提案を聞いてもらうことでした。

なのでお昼は外食、お客さんに手土産を持って行くのも自腹。

企業訪問が終わると担当地域があってそこの地域で見ず知らずの家を

一軒一軒ピンポンして保険に入ってもらえる人を探していました。

辛い対応もされました。怖い思いもしました。

スポンサーリンク

真夏は熱中症になって病院で点滴を打ってから仕事したこともありました。

汗だくで歩いていると喉が渇きマックや喫茶店にちょっと寄ったり

仕事が終わってからは同僚や先輩とカラオケや飲み会に行ってストレス解消。

使うことばかり覚えてあれよあれよという間に

貯金が無くなって行きました。

仕事のストレスで眠れなくなり心療内科に通ったこともありました。

結局最後の方は毎日家に帰ると泣いてばかりいました。

上司には引きとめられましたが辞めることにしました。

でも退社する月も契約を入れたのです。

私なりに頑張りました。

誠意を見せたつもりでしたが

退社する日に手続きをすると退社の日にちがそれよりも前になっているんです。

お給料も半分か数割になっていました。

上司の嫌がらせです。

当時は若かったのでどこに相談して良いかもわからずに

泣き寝入りしました。

とても悔しい思いをしました。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする