苦手だった義父のことと結婚して14年経っても慣れない義両親の○○

スポンサーリンク
Pocket

私は自分の祖父母に一度も会ったことがない
ので、息子が

おじいちゃんとおばあちゃんに会いたい

という気持ちになるのがどういうものか

よくわかりませんでした。

今でこそ一緒にジャガイモ掘りとかできますけど、

もっと小さい頃は一緒に遊んでくれるでもないし

年に一回しか会わないのに

何で好きなんだろうと思っていたんです。

実は結婚した頃は、義父が苦手でした。

義父も私のこと苦手なんだろうなきっとと思うような言動もありました。

そんな義父も、子供(孫)が産まれて変わったと思います。

年に一回孫に会えて本当に嬉しそうで笑顔が増えました。

義父と私の二人でも笑顔で話せるようになりました。

けれどまたここで問題が…。

スポンサーリンク

主人の田舎は青森県なのですが

義両親の話す言葉がわからないのです。

結婚してほぼ毎年帰省しているので14回くらいはお会いしているはずです。

それでも何言ってるかわからないことが多いです。

主人に通訳に入ってほしいけど、

主人は何がわからないのかがきっと

わからないんだと思います。

主人にそれを言うと、

自分の家のおじいちゃんおばあちゃんが

何言ってるかはわかるけどよそのお宅の

おじいちゃんおばあちゃんの言葉は

わからなかったりすると言っていました。

津軽弁難しいです。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする