田舎には住めないなと思ったこと

スポンサーリンク
Pocket

主人の実家は、近所は皆知り合いで普段鍵もかけないで生活していることもある

そんな田舎です。

毎年、帰省すると隣近所にお土産を持って帰ります。

その一件なのですが、

すぐ裏に住んでいる方でそこのおばあちゃんが民生委員をやっていて義母の病気が判明したときお世話になったりしました。

他にも色々お世話になっています。

そこの家の前を通り過ぎたとき、長男さんと次男さんとその奥さんが居たので、(全員私と同年代か少し上)

「こんばんは。」と大きな声で挨拶をしたのですが全員に無視されました。

これだけなら聞こえなかったのかなと思うのですが

以前長男か次男に目があったときは何こっち見てるんだって顔で睨まれました。

スポンサーリンク

義父達には感じがいいらしいです。

よそ者だと思われてるのでしょうか。

私にだけならまだ解らなくもないのですが

主人のことも無視してるんです。

主人と年が違いすぎるので相手のことを主人もあまり知らないそうです。

以前長男さんとそのお子さんが家の前で何かしていて、そばを通ったので挨拶しようとしたのですが、こちらに見向きもしませんでした。

この間は、子供と二人でお菓子を持って挨拶に行ったのです。

「こんばんわ」と訪ねると

長男さんのお子さんが目の前に座って見えたのですが

やはり出てこようとしません。

そうこうしてると、おばあちゃんが出てきてくれました。

おばあちゃんは愛想がよく助かりますが

こういうことがあると、田舎出身の私でも

田舎に住むと面倒だなと思ってしまいます。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする