18年会っていない母親。揉めるのはいつだってお金がらみでした

スポンサーリンク
Pocket

私は母親とはもう18年くらい会っていません。

関連記事です。引かれるかもしれない実母の話しと嫁姑関係も

その間手紙や電話では何度か話していますが文句の電話をしたりが多いです。

あちらには死ねと言われたこともあります。

そんな感じなので、主人にも会わせたことがありません。

もちろん主人の実家の住所も電話番号も教えていないのですが

ある時、母から主人の実家に突然電話がありました。

住所も電話番号も教えていないのにです。

そのことを姉達に話したら

「〇〇(私の名)の旦那の実家に電話した。」

と得意げに話していたそうです。

たぶんその時期に長兄が結婚して戸籍謄本を取り寄せた時に

その書類に私の新しい本籍地の主人の実家の住所が書いていたのでわかったのだと思います。

(私達の本籍地は主人の実家です。実家の電話番号も104に登録しています。)

スポンサーリンク

それでも東京に来てからは被害をあまりこうむることもなかったのですが

今から10年くらい前に、私が高校2年の時に入院しその後母とは離婚して音信不通になった父を探して見つかりました。

なので兄姉に父の連絡先を伝えました。

そのことが母の耳に入って電話があり

「父の姉が調子悪くて連絡先知りたいって言ってるから教えてほしい」と言ってきました。

私はその前から父に、前に入院していた病院に母が電話してきて父の連絡先を知りたい

と言ってきた話しや

でも病院は連絡先は教えられないからと父に伝言して父が電話をかけたら

「年金を少し分けて欲しい。」とお願いして来たことを聞いていました。

父はその気はなかったのですがその場は考えておくと言ったそうです。

父が入院した時も母はほとんどお見舞いにも行きませんでした。

それで父から離婚を申し出ました。

その後父から連絡がないので、私に父の電話番号を聞いてきたのです。

「父のお姉さんが具合が悪くて連絡取りたがっている。親が亡くなった時の相続のお金のこともある。」ともっともらしいことを言ってきました。

母の得意な手。

真実を利用してお金の為に嘘をつく。

私は「もう別れたんだから…。」と言うようなことを言ったと思います。

そうするとすごい勢いで

「お姉さんが連絡取りたがっているから電話するんだよ。なのに何で教えないんだ!もういい!」

と逆ギレされました。

嘘つきは病気なのかもしれません。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする