一家離散。お金の影響って計り知れない

スポンサーリンク
Pocket

私は7人家族の元、育ちました。

両親と兄が二人、姉、私、妹の家族構成です。

年は学年で言うと、私と妹だけ3学年離れていてあとは2学年違いです。

子供の頃の4歳6歳差って大きくて

兄達とはそんなに遊んだりした記憶はなく3姉妹のように育ちました。

兄達は二人とも高校を卒業して就職の為北海道から出て遠くに行ってしまいました。

2人ともその後お盆休みや正月などにもほとんど帰省することはありませんでした。

今では、神奈川と山形に住んでいます。

姉と妹は地元に就職して実家に残ったのですが、私は千葉に就職して逃げるように家を出ました。

最初は寮生活だったので、お正月は寮が閉まって管理人さんも誰もいなくなるということで仕方なく帰省したことはありますがやはり実家からは足が遠のいていました。

たまに用事があって電話すると母からは姉が「洗濯もしない。」とか

姉からは「家で食事ほとんどしてないのに家にいくら入れている。」など今思うと

かわいい不平不満でした。

それがだんだん「母の彼氏から電話があってお金いついつまでにもってこい!」って怒ってたとか

「いろんなところから借金してるようで…。」という話になりました。

姉の名前で勝手になにかのローンも組んだそうです。

そんな状況になっていきましたが

私はそれを聞いて特に驚くことはなかったです。

多かれ少なからそういうことがあるなと思っていたから私は実家から遠く離れた千葉まで就職したのです。

スポンサーリンク

父親は私が高校生の時入院しました。

その後、家に帰ってくることはなく

子供が成人してから母親とは離婚しました。

姉は結婚して、妹は札幌に行くためにそれぞれ実家を出ています。

でも同じ道内なので何かあったら近くに住んでいる自分たちが面倒を見なければならないのではと思っているようで、自分たちは逃げられないからなのもあると思うのですが遠くに行った兄と私に不満があるようです。

私もそうですが兄姉達も実家に寄りつきません。

みんな私と同じで母親に関わりたくないと思っているのだと思います。

姉と私に至っては母親に、今住んでいるところの住所も教えていません。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする