息子がサッカー教室で号泣。猫も鳴く

スポンサーリンク
Pocket

今週の息子くんのサッカー教室でのことなのですが

いつも最後に、先生が一人ずつに一言二言言葉をかけて終わるのですが

その時うちの子が先生に何かを話していて、肩を震わせて泣き始めてしまいました。

先生も懸命に話を聞いていますが子供の怒りは収まりません。

私のところに戻ってくるとカードを投げつけて

「もうサッカーやらない。」と言って

その場からいなくなってしまいました。

慌てて追いかけると、まだ怒っていましたが

お友達が来たので、次第に息子の機嫌も直り最後は一緒に遊んで帰ってきました。

先生とお話ししたのですが、練習の最後に試合で勝った方のメンバーがゴールめがけてボールを蹴ることができるんです。

息子はその日試合で負けたのですが、ボール蹴りたかったと言ったそうです。

それであんなに怒っていたのと思ったのですが、本人に聞くと

「その前にボールが鼻にあたった。」

それが嫌だったようです。

「もうサッカー行かない。」と言うのは今回が初めてではなかったので

あまり気にしていなかったのですが

その日の夜中、「サッカー行きたくない。」と泣き出したそうです。

(私は横に寝ていたのに気付かず。主人が対応してくれました。)

スポンサーリンク

翌日遠足だったのですが、主人は寝不足なのに子供のお弁当を作っていましたよ。

ありがたや~。これからは「頼んでないのに子供のアイス買ってきたでしょ。」とか鬼のように言うの気をつけます。(止めるとは書かない。)笑

泣くと言えば、その日は猫の糖尿病の検査の為に動物病院も行ったのですが

猫も病院でみゃーみゃー鳴いていました。

猫は健康保険などがないので病院にかかると結構なお金がかかります。

入院なんかするとそりゃ~すごい金額ですよ。

詳細記事です。驚愕!のペット入院費用

まず最初に体重を測ったら少し増えていました。

6.9キロ 約7キロです。

検査後の先生とのお話でやはり言われました。

「ちょっと太っていますね…。」

検査する度に言われています。汗

太っているとインスリンの効きが悪くなることがあるそうです。

猫のダイエットってどうしたらよいものか?

ダイエット用のフードを与えていたのですがあまり体重減らなかったので普通のフードに戻したんですよね。それも良くなかったかな?

三匹の中で一番食べないのに一番太っているという…。

人間と同じで体質ってあるもんだなと思います。

毎月チビの病院にかかっている費用は、インスリンと注射針、無くなると尿試験紙を出してもらって一回に約8000円程度です。

今回は、いつものプラス2種類検査したので16,416円でした。

最初は一回にこんなにかかるのかと驚いていましたが、最近はどれくらいかかるかわかっているのであまり驚かなくなってきました。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする