同僚が私のお財布からお金をくすねていました

スポンサーリンク
Pocket

先週、子供のサッカーでご一緒のママ友さんと仕事の話をしていて思い出したのですが、とある店舗でパートしていた時にお金を盗まれたことがありました。

最初に気づいたのはお昼休みにお弁当を買いに行った時にお財布を開いたら

小銭が足りないな…。と思った時です。

でもその時は自分の間違いだと思っていました。

まさかねと思っていましたから。

その後も数回そういうことが続いたある日、お店のバックヤードに置いてあった一万円(お店のお金)が無くなる騒ぎがありました。

それで私は自分の間違いではないと確信して上司に「実は私も…」と言う話をしました。

お金が無くなるときいつもいる子が一人しかいなかったので私はそのことも話しました。

お店側にはあまり深刻に受け取ってもらえませんでしたがその後、同じくパートのおばちゃんもお金盗まれたと言いだしました。

お店も動かざるを得なくなったのは、上京して一人暮らししていて家計簿つけている学生がお金を盗まれた。と言い出した時でした。

スポンサーリンク

私はその時いなかったのですが疑いのある子がシフトに入っているときに、

他の子のお財布の中のお札すべてに鉛筆で印をつけて

いつものように更衣室にお財布を置いて仕事をしているとやはりお金が無くなりました。

皆がその子を問い詰めてもなかなか認めません。

そのうちその子は怒って自分から洋服を脱ぎだしました。

脱ぎだしても見つからず皆が焦っていると最後に靴下の中から先ほどつけておいた印のついた千円札が出てきたそうです。

隠す場所がプロみたい。

出来心とか魔が差したとか言葉はありますが。

絶対そういうのじゃない。そう思いました。

その子は国立大に通っていて、バスケ部のキャプテンで。

そんな自分が疑われるはずがないと思っていたんだと思います。

いろんなところで働きましたがあんな経験は初めてでした。

仲間にお金を盗まれるなんてお金よりもショックの方が大きかったです。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする