私が家計管理に目覚めるきっかけとなった本のこと

スポンサーリンク
Pocket

金曜日、子供の学校の公園に行く行事が天気が悪くて今日に延期になりました。

今日こそは帽子持たせましたけど、今日もあまり天気よくないので中止になるかもしれません。

よくこのブログで心配性と書いていますが、私はどんなに慎重になってもどこか抜けている自分のこういう性格がよくわかっているので、心配になるのは悪いことじゃないと思います。

話しは変わりますが

私が遅ればせながら家計管理に目覚めたきっかけの本があります。

年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編 横山光昭著 です。

アマゾンです。


年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編

楽天です。

年収200万円からの貯金生活宣言 正しいお金の使い方編 [ 横山 光昭 ]

ファイナンシャルプランナーと聞くと、比較的資産を持っている方の資産運用などの相談役

と言うイメージで私には敷居が高いイメージがありますが横山さんは、

家計再生コンサルタントの肩書も持っていらっしゃって

借金があったり毎月お金を使い果たしてしまうような、お金の面で苦しい状況にある人を家計から再生させていくことを得意とされている方です。

スポンサーリンク

横山さんの本を読んでいると

ただお金が貯まるようになればいいのではなく

お金以外の大切なことに気づかされます。

貯金が目的ではなく貯金があると人生の選択肢が広まる。

漠然とした不安ではなく、いくらたまったらあれがしたいこれがしたいなどポジティブな目的の方がお金がたまる。

部屋がきれいだったり規則正しい生活なども貯金と関係している。

自分軸を持つのが大事。

「うんうん。そうだよな。」と

読んでいて、とても共感することが多く楽しくゲームみたいに節約できそうな気分になります。

ランキングに参加しています。応援のクリックをしてもらえるととても嬉しいです。

にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする